森本です

10月31日の森本の更新でw211の不動車の修理がありました。今回もまたまたw211です。走行約5万キロ。同じ不動車。調子に乗って前回同様にクランクセンサーをオーダーしかけたのですが、先輩二人の助言を聞いて再探求したところ、クランクセンサーではなく原因は燃料系統でした。エンジンまで燃料が来ていないのを確認→ 燃料ポンプリレーまでの電源を確認→ 燃料ポンプの入力を確認→ これでほぼ燃料ポンプが確定し、最後に燃料ポンプを外そうとしたところ、ガスケットが上の画像のようになっていました・・・。溶けてしまって燃料ポンプ内に落ちていました。

これがポンプASSYなのですが、この赤丸の部分のドリップコーヒーのフィルターみたいな部分からガソリンを吸い上げています。これと別にフィルターはあるのですが、真上のガスケットが溶解して落ちてしまいポンプが吸って詰まりを起こすのでは?と思います。この車輌の場合、ポンプは動くのですが排出口からガソリンが出てこなく、詰まりを起こしていました。 ガスケット、ポンプとフィルターを交換して無事エンジン始動し完治しました。 溶けてしまっていたガスケットの色は黒。交換したものは緑だったのでもしかしたら対策にはなっているのかも知れません。どちらにしてもこの車は電子制御の塊で素晴らしい車ではありますが、ウィークポイントはやはりあるようです。

 

おまけ

どうでもいいですが、11日に長男が生まれました^^;

狙い通りの2011年11月11日生まれ。おまけに生まれた時間は12時34分です。 

顔はガッツ石松みたいです。

小林です

今回は、ゴルフ5のハロゲンライト仕様にマックスエンタープライズ製でこの車専用のHIDキットを取り付けたので紹介します。

BMWのE-46と同じでライトバルブ(バーナー)の固定には専用のアダプターで取り付けます。
取り付けたバラスト、イグナイタそして、バルブ切れのウォーニングキャンセラーとこれも以前ミニクーパーに付けた時と同様小型、軽量でとてもシンプルに取り付けられます。

HIDキットの価格はピンキリで安価な物は沢山ありますが、自社では多少高額でも誤作動の少ない良い物を薦めます。

中井です。

エンジンを丸ごと中古で乗せ替えも工場内で検討しましたがヘッドのみの換装を選択しました。
今後の事やユーザーさんの予算も考慮して最善の選択をしたつもりです。
このエンジンはゴルフⅣの他、アウディA4の1.8ターボにも同じエンジンが縦置きで積まれています。
タイミングベルト自体の寿命はメーカー指定の交換時期の10年、12万キロまで大丈夫なのでしょうが、
実際にはそこに達する以前にウォーターポンプが損傷して
タイミングベルトが破断してしまうのが実情ではないかと思います。
車輌の使用方法でも部品の寿命はかなり変わるものですから、
その辺りをオーナーさんが把握する事が高額修理を未然に防ぐ手立てではないでしょうか?
トラブルには多くの場合、前兆がありますので(前兆無くいきなりトラブルが発生するケースも稀ではありませんが・・・)
1年点検や車検の際、
こちらから提案させて頂いた事項は是非検討して頂きたいと工場側の人間としては考えています。
画像は後日アップします。

HANDAです

整備でお付き合 いさせて頂いているお客さんに車も購入して頂きました。しかも2件もです。もち ろん私HANDAが担当させて頂きました。感謝も込め最高の状態で 納車させて頂きます。話は変わります が朝晩寒い日が続きます。皆さん冬の準備は御済ですか?冬の準備と言っ てもスタットレス、スノーブレードだけじゃないですよ。そこで当工場で は当社HPを御覧の読者さんに、ちょっとした冬の準備のお手伝いを無料で サービスさせて頂きます。

1)  バッテリー点検、専用のテスターを使用しバッテリーのチェックをし ます。夏にエアコンな どで消費したバッテリー、冬にはヒーター、熱線等で過酷な使用状況が予想されます。2)    クーラント点検、凍結温度測定します。特に道外より転勤などで来ら れた方、お奨めです。当社も道外より車輌を仕入れしますが凍結温度がかなり低い車輌も見受けます。これらの点検を日頃当社HP御覧の皆様に感謝を込めサービスさせて頂きます。ただし、今回は輸入車に限らせて頂くのと、事前予約を当社HANDAまでお願いします。たくさ んの御来店お待ちしています。

輸入車で御困り の方工場への御質問等は電話、又はメールで受付けています。

フロント  HANDA

E-mail s-handa@japan-trading.jp

森本です

レッカーで運ばれてきたw211 E320です。走行中エンジンストール、再始動不良。しかし、運ばれてきた時は一発でエンジンがかかってしまいました。 チェックランプも点灯しています。 う~ん、クランクセンサーかな?

テスターで見るとやはりクランクセンサーの故障と出ました。クランクセンサー不良はエンジンが暖まると症状が出てくる事が多いです。当社へレッカーで運ばれてきてからエンジンが始動したのは運ばれてくる間にエンジンが冷えたからだと思います。案の定、そのまま暖気するとエンジンストール。再始動は不可。 そしてエンジンが冷えると始動可能になります。

これがクランクセンサー。この車の場合はエンジンの裏に付いています。エンジンの出力軸(クランク)の回転数を検出するためのセンサーで点火と噴射時期、燃料噴射量などを決定します。これが働いてくれないと車は動きません。とりあえず外してみます。

 

見ただけでは判断できませんが単体で良否のテストをする事ができます。今回の場合は全くアウト。クランクセンサー不良と判断し交換しました。もちろん完治しましたが、お客様からの話だとストールしてしまう前日くらいにエンジンの不調が見られたそうです。 この車はまだ5万キロ台でしたが壊れるときは壊れるのが機械です。 愛車の状態がいつもと違う・・・などがあれば、早めに点検を受けましょう。何か大きいトラブル(大きい出費?)の前兆かも知れません。

 

HANDAです

今回は嬉しいメールと期待のメールをアップします

先日施工させて頂いたフリーの御客様からのメールです。○田です。昨日は、 VWポロ GTI  CUP を届けて頂き、ありがとうございます。今回の作業(下回りコーティング)の仕上がりに、大変満足しております。これで安心して冬道を走ることが出来ます。作業代金を一部値引き・サービスして頂き、ありがとうございます。こうゆうのは本当に車屋冥利に尽きます。これからのお付き合いが楽しみです。

もう一通は楽しみなメールです。

はじめまして、札幌市内に住んでるものです。貴ホームページ拝見しコレはと思ってお尋ねします。BMW2800CS(1971年)の車検整備をお願いする事は出来ますか?

との内容です。現在ユーザーさんと詰める準備中です。今ではあまり見かけなくなった車種でオーナーさんの思い入れが詰まっている事でしょう。今から入庫が楽しみです。工

場への御質問、問い合わせはフロント HANDAがお受けします

株式会社ジャパン・トレーディング  メールs-handa@japan-trading.jp

小林です

秋が深まり、そろそろ冬が降っ来そうな天候になってきました。雪国の皆さんはスタットレスタイヤの準備は出来ているでしょうか?タイヤの摩耗はもちろんのこと何年も使用し古くなっていたり、表面のゴムが硬くなっていたら早めに新しいタイヤへの買い替えを薦めます。

私達はタイヤを扱う工場では当たり前の事ですが、脱輪事故が無いように交換後は必ずトルクレンチと言う工具を使用し、ホイールの取り付けボルトやナットを規定の締め付けトルクで全て均一に締め付けて緩まないようにしています。今までガンバッテきた外した夏タイヤは、ホイールに付着しているブレーキダストを綺麗に洗ってお返ししますので、是非当店でタイヤ交換をご依頼ください。

森本です

天気があまりよくないですが今週もはりきって行きましょう!・・・・・ネタが切れたので今日は海外の画像集です。

アメリカにはワイルドな方が沢山いるようでこの車は超インチアップされています。アップしすぎて車高も上がってしまっているという凄い画像です。

経済発展が著しい中国です。黄金のレンジ・・・・う~ん、凄いセンスです。

 

お金持ちの車もあればそうでない車もあります。 自家製スリーポインテッドスターなんですが、これなら付けない方がいい気がします。

 

究極のエコタイヤの画像です。この方はなんとタイヤを作ってしまっています。 走っているうちにニョロニョロ~~とホースが外れるのでは?と思いますがそんなの関係ないのでしょう。巻き数によって扁平も変えられるという・・・絶対真似しないように!

 

 

中井です。

内燃機専門の業者さんにバルブの曲がりを点検して頂いた所、
吸入側と排気側のバルブが全て曲がっているとの回答でした。

当初、目視で曲がりが確認出来たのは数本でしたので出費は最小限で済むと思ったのですが・・・

そのまま作業を行っていたら間違い無く二度手間でした。

 

ゴム製のタイミングベルトが裂けてます。下部にはゴムのかすが多数付着しているのが判ります。

この部品が破損して(ウォーターポンプです。)多大な出費を招きました。

ウォーターポンプを外してみると原型を留めていませんでした。

 

新品部品を組み込んでその後の加工までの金額を考えると
シリンダーヘッドの中古部品をそのまま使用した方が安価で済みますのでオーナーさんの希望で中古のヘッドを探したのですが、
結局ヘッド単体での中古品は出て来ませんでした。
エンジンを丸ごと中古で購入し、それをバラしてヘッドだけを換装という方法を取りました。

続く

 

森本です

明日、明後日と定休になります。ご不便をおかけしますが宜しく御願いします。

先日、POLO(GTI Cup)の防錆塗装を作業したのでアップしておきます。

オーバーペイントでガッチリコース(?)なのでフェンダーライナーを外します。もちろんフロアカバーも全て外してから作業です。これからスチーム洗浄を行います。

乾燥させたらマスキングです。ENDOXは強固なゴム皮膜を形成しますが、その代償としてボディやその他に付着してしまうと除去するのが相当厄介です。そのためマスキング作業は時間をかけて入念に行います。

 ボディのマスキングをしたら今度は車輌の下側にカーテンにように新聞紙で養生します。これでENDOXが飛散して上に飛散するのを極力抑えています。さらにマフラーにもマスキング。 ですが、施工後にエンジンを始動すると必ず特有の匂いがします。 エンジンルームやマフラーなど、隙間から入った分が付着して焼けるためでこればかりは防ぐ事ができません。 しばらく走行して匂いが取れる(慣れる??)のを待って頂くしかありませんが、この辺りはご了承ください。

塗装後です。これはフロントですが、普段は樹脂製のライナーが覆っており見えない部分です。

これはリア。フロント同様にライナーを外してから塗装しています。

フロアです。ココも最近の欧州車はカバーで覆われていますが、このPOLOも同様です。ブレーキラインを防錆保護するためカバーを外して塗装しています。

今回はフェンダー~フロアまでのコーティングでしたので防錆のほか防音効果も期待できると思います。これから雪というより融雪剤で確実に下回りを攻撃される季節がやってきます。心配な方は洗浄のほか、防錆保護をおすすめします。 

おまけ

今回はマニアックすぎました・・・。

人には色んな趣味があるものですが、森本にも色々な趣味があってその一つに古いエアガンコレクションがあります。最近のではなく20年くらい前のエアガンが好きでコレクションが少しあります。 画像は先日手に入れたFNCというライフルです(銃刀法の関係で完全不動ですが)。バブリーな時代に田園調布に所在したアサヒファイヤーアームズ製で米軍海兵隊の訓練に実際に使用されたくらいリアルで実銃そっくりにできています(実銃と同じ重さなのでアホみたいに重いです・・)。当時定価で10万円くらい。販売中止になった後もプレミアが付いて現在もまだ価値があります。 只今OH中で、塗装職人さんにパーツを一旦送るのです(もう変態の領域です)。 完成したらまたアップします。