小林です

今回は、フェラーリ512TRでセルモーターが回らずエンジンが始動しないという故障を点検、修理したので紹介します。


この点検を受けた当初その症状は見られなく、スターター信号、バッテリー電源、セルモーター本体の点検をしましたが異常ありません。その後、試乗したりエンジンの暖気後一度エンジンを停止したら、再始動できずその症状が発生しました。


スターター信号の電圧を点検すると、5、6vしか無くこれではセルモーターは回りません。今回、自社では初めてですが、古い車でこういう症状の時に使うセルモーター用のマグネティックスターティングリレーを取り付けて完治しました。

話は変わりますが、これからどんどん寒くなって来ると、セルモーターが回らずエンジンが始動しないという故障が増えますが、原因としてやはりバッテリー上がりが主流になってきます。
エンジンのかかりが悪くなったなと感じたら一度点検を薦めます。

森本です

お客様の車の中には作業後の洗車が不要というか、しないほうが良さそうな程に綺麗な状態で乗られている方がいます。このW202のお客様もそうです。 細かい部分を見れば見るほどこの車がどれだけ綺麗な状態かわかります。

すごい・・・苫小牧のSさんの車もそうですが、綺麗な車はフェンダー内とかホイールの裏側など見えない部分がすごく綺麗なのです。 でもどうやって洗っているのでしょうか??まさか洗車の度にホイールを外しているとか(!) 汚れがまったく無いので納車時に自分たちが洗車したら逆に汚してしまいそうですね(笑)  これから北海道は極寒になり洗車回数が減ると思います。すぐに汚れるので洗車をする気にもならないと思いますが、冬は融雪剤などでボディが一番痛みます。洗車は夏場より多くてもいいくらいなのです。冬季に汚れたままにしておくと春先にボディが凄いことになってますよ~。要注意です。

 

 おまけ

休日に大通りのミュンヘン・クリスマス市に行ってきました。姉妹都市提携30周年を記念して2002年に初めて開催されたミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo・・・・・って姉妹都市だったのですね^^; 知りませんでした。 ドイツ風な露店がたくさん並んでいてグルメブースとグッズブースが広がっています。 自分はソーセージ(?)を食べローストアーモンドやシュトーレンを買っているうちにお金がなくなったので帰ってきました。 クリスマス市は24日まで開催中のようなので皆さんもぜひ行ってみてください。  

森本です

 

 

前回更新しなかった森本です。申し訳ないです。 

工場内にカイエン、カイエンS、カイエンターボSの3台のカイエンが入ってます。 デカイSUVがこれだけ入ると工場はちょっと狭くて大変ですが。 トアレグやMLを含めてまだまだSUVは人気のようです。 こちらの豪雪地帯だとすごく頼もしい車でもあり自分もほしいなと思いますが、ドイツのSUVは真面目に作りすぎていて車重に合わせてブレーキも高価なブレンボだったりしてちょっとメンテナンス料金がどうしても高いのがネックです。動力性能はすごいのですが。 ちなみにトアレグとカイエンを比較すると意外ですがトアレグの方がインパネ廻りにお金が掛かっているのがわかります。 カイエンは簡素に作られていてその辺はVWの上級モデルを意識したトアレグに対してスポーツ路線を狙ったカイエンとの違いだと思います。  

  

おまけ 

森本は添加剤などケミカルマニアでもありますが、自分の体に使うケミカル(サプリメントなど)のマニアでもあります。個人輸入で国内で買えないものを海外から買っています。森本も中年なので何かとサプリメントに頼るしかありません・・・。 

 

これは最近買ったカタツムリクリームです。保湿に使うといいです。 フランス料理で使うエスカルゴがチリで養殖されているのですが、そこで働く人の手が異常なほど綺麗で作業中の怪我もすぐ治ることからカタツムリのネバネバが研究されて開発されたのがこれです。この話だけで買ってしまいました 笑。 韓国製、一個約6000円。 日本到着後すぐに母親や義理の母、義理の妹に取られました・・・・。 

 

. 

これは体内で生成されないアミノ系のサプリメントです。一年分あります。もう変態です(笑)

HANDAです

この2~3日でめっきり寒くなり、とうとう雪まで積もり今期初の除雪です。まだタイヤショベル も用意していなく人力で汗をかきました。工場の状況はどうかというとどこの工場も同じでしょうがタイヤ交換でごったがえしています。スリップ事故など起こさないようにとタイヤの状況を見ながらの作業で、危険状況のタイヤはオー ナーさんに説明し新しいタイヤの購入をおすすめしています。タイヤの取り付けもホイールレンチで規定トルクで締付けます。複数での作業で ユーザーさんを、あまりお待たせする事無く作業し、最後は外した夏タイヤと車輌洗車をして終了です。まだタイヤ交換を行っていない方、い つ雪が降ってもおかしくない時期ですよ、又今期新品タイヤを購入し減るのがもったいないと御考えのユーザーさん、新品タイヤは慣らし走行 が200K位必要ですよ。

写真は工場内でタイヤの山で、作業終了後には整理です。

輸入車での整備 で御困りの方、工場への御質問等は電話、又はメールで受付け

ています。

フロント  HANDA

E-mail s-handa@japan-trading.jp

森本です

10月31日の森本の更新でw211の不動車の修理がありました。今回もまたまたw211です。走行約5万キロ。同じ不動車。調子に乗って前回同様にクランクセンサーをオーダーしかけたのですが、先輩二人の助言を聞いて再探求したところ、クランクセンサーではなく原因は燃料系統でした。エンジンまで燃料が来ていないのを確認→ 燃料ポンプリレーまでの電源を確認→ 燃料ポンプの入力を確認→ これでほぼ燃料ポンプが確定し、最後に燃料ポンプを外そうとしたところ、ガスケットが上の画像のようになっていました・・・。溶けてしまって燃料ポンプ内に落ちていました。

これがポンプASSYなのですが、この赤丸の部分のドリップコーヒーのフィルターみたいな部分からガソリンを吸い上げています。これと別にフィルターはあるのですが、真上のガスケットが溶解して落ちてしまいポンプが吸って詰まりを起こすのでは?と思います。この車輌の場合、ポンプは動くのですが排出口からガソリンが出てこなく、詰まりを起こしていました。 ガスケット、ポンプとフィルターを交換して無事エンジン始動し完治しました。 溶けてしまっていたガスケットの色は黒。交換したものは緑だったのでもしかしたら対策にはなっているのかも知れません。どちらにしてもこの車は電子制御の塊で素晴らしい車ではありますが、ウィークポイントはやはりあるようです。

 

おまけ

どうでもいいですが、11日に長男が生まれました^^;

狙い通りの2011年11月11日生まれ。おまけに生まれた時間は12時34分です。 

顔はガッツ石松みたいです。

小林です

今回は、ゴルフ5のハロゲンライト仕様にマックスエンタープライズ製でこの車専用のHIDキットを取り付けたので紹介します。

BMWのE-46と同じでライトバルブ(バーナー)の固定には専用のアダプターで取り付けます。
取り付けたバラスト、イグナイタそして、バルブ切れのウォーニングキャンセラーとこれも以前ミニクーパーに付けた時と同様小型、軽量でとてもシンプルに取り付けられます。

HIDキットの価格はピンキリで安価な物は沢山ありますが、自社では多少高額でも誤作動の少ない良い物を薦めます。

中井です。

エンジンを丸ごと中古で乗せ替えも工場内で検討しましたがヘッドのみの換装を選択しました。
今後の事やユーザーさんの予算も考慮して最善の選択をしたつもりです。
このエンジンはゴルフⅣの他、アウディA4の1.8ターボにも同じエンジンが縦置きで積まれています。
タイミングベルト自体の寿命はメーカー指定の交換時期の10年、12万キロまで大丈夫なのでしょうが、
実際にはそこに達する以前にウォーターポンプが損傷して
タイミングベルトが破断してしまうのが実情ではないかと思います。
車輌の使用方法でも部品の寿命はかなり変わるものですから、
その辺りをオーナーさんが把握する事が高額修理を未然に防ぐ手立てではないでしょうか?
トラブルには多くの場合、前兆がありますので(前兆無くいきなりトラブルが発生するケースも稀ではありませんが・・・)
1年点検や車検の際、
こちらから提案させて頂いた事項は是非検討して頂きたいと工場側の人間としては考えています。
画像は後日アップします。

HANDAです

整備でお付き合 いさせて頂いているお客さんに車も購入して頂きました。しかも2件もです。もち ろん私HANDAが担当させて頂きました。感謝も込め最高の状態で 納車させて頂きます。話は変わります が朝晩寒い日が続きます。皆さん冬の準備は御済ですか?冬の準備と言っ てもスタットレス、スノーブレードだけじゃないですよ。そこで当工場で は当社HPを御覧の読者さんに、ちょっとした冬の準備のお手伝いを無料で サービスさせて頂きます。

1)  バッテリー点検、専用のテスターを使用しバッテリーのチェックをし ます。夏にエアコンな どで消費したバッテリー、冬にはヒーター、熱線等で過酷な使用状況が予想されます。2)    クーラント点検、凍結温度測定します。特に道外より転勤などで来ら れた方、お奨めです。当社も道外より車輌を仕入れしますが凍結温度がかなり低い車輌も見受けます。これらの点検を日頃当社HP御覧の皆様に感謝を込めサービスさせて頂きます。ただし、今回は輸入車に限らせて頂くのと、事前予約を当社HANDAまでお願いします。たくさ んの御来店お待ちしています。

輸入車で御困り の方工場への御質問等は電話、又はメールで受付けています。

フロント  HANDA

E-mail s-handa@japan-trading.jp

森本です

レッカーで運ばれてきたw211 E320です。走行中エンジンストール、再始動不良。しかし、運ばれてきた時は一発でエンジンがかかってしまいました。 チェックランプも点灯しています。 う~ん、クランクセンサーかな?

テスターで見るとやはりクランクセンサーの故障と出ました。クランクセンサー不良はエンジンが暖まると症状が出てくる事が多いです。当社へレッカーで運ばれてきてからエンジンが始動したのは運ばれてくる間にエンジンが冷えたからだと思います。案の定、そのまま暖気するとエンジンストール。再始動は不可。 そしてエンジンが冷えると始動可能になります。

これがクランクセンサー。この車の場合はエンジンの裏に付いています。エンジンの出力軸(クランク)の回転数を検出するためのセンサーで点火と噴射時期、燃料噴射量などを決定します。これが働いてくれないと車は動きません。とりあえず外してみます。

 

見ただけでは判断できませんが単体で良否のテストをする事ができます。今回の場合は全くアウト。クランクセンサー不良と判断し交換しました。もちろん完治しましたが、お客様からの話だとストールしてしまう前日くらいにエンジンの不調が見られたそうです。 この車はまだ5万キロ台でしたが壊れるときは壊れるのが機械です。 愛車の状態がいつもと違う・・・などがあれば、早めに点検を受けましょう。何か大きいトラブル(大きい出費?)の前兆かも知れません。

 

HANDAです

今回は嬉しいメールと期待のメールをアップします

先日施工させて頂いたフリーの御客様からのメールです。○田です。昨日は、 VWポロ GTI  CUP を届けて頂き、ありがとうございます。今回の作業(下回りコーティング)の仕上がりに、大変満足しております。これで安心して冬道を走ることが出来ます。作業代金を一部値引き・サービスして頂き、ありがとうございます。こうゆうのは本当に車屋冥利に尽きます。これからのお付き合いが楽しみです。

もう一通は楽しみなメールです。

はじめまして、札幌市内に住んでるものです。貴ホームページ拝見しコレはと思ってお尋ねします。BMW2800CS(1971年)の車検整備をお願いする事は出来ますか?

との内容です。現在ユーザーさんと詰める準備中です。今ではあまり見かけなくなった車種でオーナーさんの思い入れが詰まっている事でしょう。今から入庫が楽しみです。工

場への御質問、問い合わせはフロント HANDAがお受けします

株式会社ジャパン・トレーディング  メールs-handa@japan-trading.jp